« 発表会どうする? | トップページ | 発表会どうする・・・ »

2011年3月12日 (土)

千年に一度・・?

今度の「東北沖大地震」は、記録が残る中で国内最大の規模(マグニチュード=M)8.8を記録したそうです。
1995年に起きた阪神大震災(M7.3)の約180倍という、とてつもない巨大地震。
気象庁は、太平洋沖の岩手県から茨城県まで、複数の震源域が連動して動き、巨大地震になったとみられると言っています。
専門家は「死者1000人を出した貞観(じょうがん)地震(869年)に匹敵する」と指摘しているとか。
「千年に一度」の大災害(大地震)ということですか。
【マグニチュード】
地震そのものの規模を表す尺度。また、その数値。
通常、震央から100キロ離れた地点にある標準地震計の最大振幅をミクロン単位で測り、その常用対数で表す。
(なんのこっちゃ分からん?)
マグニチュードが1増加すると、エネルギーは約30倍増加する。
震度とは異なる。

« 発表会どうする? | トップページ | 発表会どうする・・・ »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事