« 大学入試も中止 | トップページ | 発表会延期のお知らせ »

2011年3月12日 (土)

自宅までの遠い道のり

遠い自宅
昨夜は多くの人々、いわゆる「帰宅難民」たちが、勤め先などから歩いて帰宅していたようでした。
娘も、昨夜会社の同僚たちと4人で一緒に、都心のオフィスから歩いて帰宅したようです。
生まれて初めてと言っていいぐらい、長距離を歩いたでしょう。
約4時間ぐらい歩きづめだったようですから。
私は、仕事の都合もあって、夜を徹してオフィスにいて、今日も昼過ぎまで帰ることが出来ませんでした。
朝から、鉄道の各路線が運航を再開しているというニュースを聞いていたので、1時半頃に会社を出て帰途に着きました。
地下鉄銀座線の虎ノ門駅は人もまばらで、ホームに入って来た電車もガラガラでした。
「ゆっくり待っていて良かった。」と、ホッとしたのも束の間でした。
が、「これなら楽に帰ることが出来る」という安易な思いは、上野駅に着いて無残に打ち砕かれてしまいました。
JRに乗ろうとする人々で長蛇の列、駅への入場制限がされている様子です。
列に暫く並んでいましたが、なかなか動きません。
そこで、「イライラしながら待つよりは」ということで、昔とった杵柄ということで、「よし、歩こう!」と決心して、一路浅草方面へ向かうことにしました。
タクシー乗り場も長蛇の列です。
合羽橋あたりから浅草通りまで来ると、1台の空車のタクシーが通りかかったので停めました。
「松戸まで行ってもらえますか?」
「構わないけども、お客さん、渋滞で車が動かないよ。電車の方が早いと思うよ。」
・・・・そうか。世の中甘くない・・。
「ええ~い、歩くと決めたんだから、落語でも喋りながら歩こうか」と言う訳で、「大家さん、この裏も花色木綿」なんて言いながら、六区にかかりました。
すると、つくばエクスプレスの浅草駅の前に出ました。
駄目でもともと、駅で様子を聞いてみると、駅員さんが、「電車は動いていて、そんなに混雑せずに乗れますよ。」
「そうか、それじゃあ、南流山まで行こう。南流山からなら、歩いても半分以下だろう。」と、つくばエクスプレスに乗りました。
やや遅れ気味ながら、南流山駅に着き、JRの様子を聞くと、新松戸方面は10分待ちぐらいとのこと。
武蔵野線を待って、新松戸まで行くと、ちょうど常磐線(千代田線)の上り電車がホームに入って来たところ。
・・・という訳で、松戸駅に着いたのが3時30分頃でした。
一時は、5時か6時になるかもしれないと覚悟しましたが、予想外に早く帰宅することが出来ました。
それでも、いつもの倍以上の約2時間弱の所要時間でした。
駅から自宅に向かっていると、地震で壁材が剥がされてしまい、道路が通行止めになっている所がありました。
娘が一人で待つ自宅までは、さすがに遠い道のりでした。

« 大学入試も中止 | トップページ | 発表会延期のお知らせ »

徒然」カテゴリの記事