« 緊急対応・・一応 | トップページ | 桜咲く »

2011年3月21日 (月)

風評・・・

放射性物質が規制値を超えた野菜や牛乳があるそうです。
が、数値が高いとはいえすぐに人体に影響を及ぼすものでもないほどだと。
以前、ダイオキシンか何かの時もそうでしたが、行政やマスコミが間違ったイメージを与えて、大衆をミスリードしたり、結果的にいたずらに不安だけを煽っているように思います。
そもそも規制値の根拠って何?
今までどのような数値で推移していたの?
問題がない水準なら、なぜ出荷規制をするの?
マスコミは現地に行きもせず、ただ悪い風評を流しているのでは?
普段の事件・事故などでは、入ってはいけないという所まで傍若無人に踏み込んで来る癖に、30キロ圏内に入りもせずに騒いでいるみたい・・・。
まあ、酷いものです。
それから、菅総理が目立ちませんね。
尤も、あのうつろな目で会見したんでは、国民の不安がピークになりますから、官房長官にまかせておけば良いのですが、菅さんにこそ出来ることを見つけましたよ。
そうです。
現地に行って、ホウレンソウを頬張り、牛乳を飲むパフォーマンスをすればいいと思います。
野党時代、厚生大臣(当時)時代から、良くも悪くも、こういうパターンで存在感を示して来たんですから、うってつけだと思うのです。
カイワレ大根をホウレンソウと牛乳に変えるだけでいい。
場違い・KYに現地を視察して、周囲に迷惑や負担をかけるより、この視察パフォーマンスなら、国民はみんな納得してくれますよ。
菅さんとかけまして、「現地に行った後、国民に対して正しく情報を開示しなさい」と解きます。
その心は、今は「報告・連絡・相談(ホウレンソウ)」が大切です。

« 緊急対応・・一応 | トップページ | 桜咲く »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事