« 帯久(おびきゅう) | トップページ | 恵方巻き・・? »

2011年2月 3日 (木)

相撲の話題

日経新聞のコラムでも取り上げられ、かなり厳しい調子のコメント。
私も、辞書で「八百長」というのを調べてみました。

《相撲会所に出入りしていた長兵衛という八百屋(通称八百長)が、ある相撲の年寄と碁(ご)を打つ際に、いつも1勝1敗になるように手加減していたことからという》
勝負事で、前もって勝敗を打ち合わせておいて、うわべだけ真剣に勝負すること。なれあいの勝負。
なれあいで事を運ぶこと。

皮肉にも、そもそも相撲に関係して言われるようになった言葉のようです。
それだけ、相撲というものが、昔から庶民の間で親しまれていたものだということでもありますが。
尤も、「国技」というのは、私も違うと思いますが。
もう少し「八百長」の由来を調べてみると・・・。
八百長は明治時代の八百屋の店主「長兵衛(ちょうべい)」に由来するといわれる。八百屋の長兵衛は通称を「八百長(やおちょう)」といい、大相撲の年寄・伊勢ノ海五太夫と囲碁仲間であった。
囲碁の実力は長兵衛が優っていたが、八百屋の商品を買ってもらう商売上の打算から、わざと負けたりして伊勢ノ海五太夫の機嫌をとっていた。
しかし、その後、回向院近くの碁会所開きの来賓として招かれていた本因坊秀元と互角の勝負をしたため、周囲に長兵衛の本当の実力が知れわたり、以来、真剣に争っているようにみせながら、事前に示し合わせた通りに勝負をつけることを八百長と呼ぶようになった。      
・・なるほど、そういうことですか。
Eog9ncag神事や占いとしての相撲では、力士は一人で土俵に立ち、神と取り組む仕草をします。
これが「独り相撲」といわれているもので、神の機嫌を取るため、わざと転がって負ける仕草が入ります。
また、凶作や不漁が見込まれる土地の出身の力士に勝ちを譲ることも普通におこなわれていたそうです。
江戸時代の木戸銭を取っての興行でも、力士の多くが大名のお抱えだったせいもあり、力士やお抱えの主君の面子を傷つけないための星の譲り合いや、四つに組み合って動かず引き分けたり、物言いの末の預りの裁定なども多かったということです。
Default 従って、当時も、観客としては、大名の意地の張り合いによる八百長相撲には腹を立てていたでしょうが、落語の「佐野山(横綱谷風の人情相撲)」などは、美談としての片八百長、いわゆる「人情相撲」として寛容だったようです。
どの世界でも、寡占あるいは独占的な地位にある事業や企業や人というのは、高貴な品性と自浄能力・管理能力が必要です。
ましてや、時代も変わってグローバル化する中で、ローカルな発想やルールでは、文字通りアンフェアだとして、表舞台から追放されてしまうものです。
相撲がもともと神事から来ているという生い立ちとはいえ、今までやっていたとか、仕方がない、仲間が可哀想なんていう理屈は、現在では到底すまされないということだと思います。

« 帯久(おびきゅう) | トップページ | 恵方巻き・・? »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事