« 三方一両損 | トップページ | 不動様と八幡様 »

2011年2月20日 (日)

あしたのジョー

「あしたのジョー」の実写版映画が上映されているそうです。
主人公の矢吹丈役が山下智久、ライバル力石徹役が伊勢谷友介、丹下段平役が香川照之などだそうです。
1960年代後半から70年代前半にリアルタイムで楽しんだ、「週刊少年マガジン」で連載された大人気のボクシング漫画(原作・高森朝雄(梶原一騎)、画・ちばてつや)の実写化。
そういえば、同じ梶原一騎原作で、最近ブームになっている「タイガーマスク」も実写映画化の構想があるそうです。
願わくは、夢(イメージ)を壊してほしくないですね。Etc100523
考えてみると、「文七元結」や「芝浜」を"鹿芝居"で観るようなものでしょうか?
落語は想像力を発揮して、自分なりのイメージを作り上げて行くものですから、自分の想像上の映像は、劇画ほどはっきりしていない分、そんなに違和感を感じないかもしれません。
それよりも、演る立場で観ると、立体的な位置関係などがビジュアルになって、非常に参考になります。
矢吹丈のあの長い前髪はどうなっているんでしょうね。
見たいとは思いませんが・・・。

« 三方一両損 | トップページ | 不動様と八幡様 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事