« 寝床 | トップページ | 落語っ子連稽古会 »

2011年2月 6日 (日)

春場所中止・・

Imagejpg

私がことさら相撲の話題に触れるのは、落語と同じように伝統的なものであるからだけでなく、相撲が多く落語の題材になっているからです。
それから、落語は聴いてくださる方がいなければ成り立ちませんが、相撲も観てくださる方がいないと成り立たないという共通点もあるからです。
そして何よりも、なんだかんだ言っても相撲が好きだからです。
他の"スポーツ"や"格闘技"とも異なり、小手先のごまかしが利かず、勝負がはっきりしている潔さが、相撲が好きな大きな要因でもあると思うのです。
相撲がスポーツであるとすれば、「八百長」というのは、この潔さを根源から完全に否定するもので、観る人を騙すというのは、存立基盤を自ら破壊する裏切り行為だと言えるでしょう。
3月の大阪の春場所が中止になるそうです。
仕方がないでしょう。
やはり、独占・寡占というのは、こういう腐敗を生んでしまう。
・・・ということは、落語界においては、「落語協会」「落語芸術協会」など、複数の団体があって、切磋琢磨することは、あるべき姿なのかもしれません。
尤も、落語界でも、そんなに高尚な目的で複数の団体が存在しているのではなく、度重なる(絶え間ない)権力抗争や単なる喧嘩の結果のようなもののようですが。
ただ、弱小な団体が、毎日の寄席興行に耐えられるかが問題になります。
大きな2つの団体が刺激し合うのが、バランスが取れていると思うのですが・・。

« 寝床 | トップページ | 落語っ子連稽古会 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事