« 「したたか」と「お人好し」 | トップページ | 落語「七草」 »

2011年1月 7日 (金)

七草

Image「人日の節句」(1月7日)の朝、7種の野菜が入った羮を食べる風習を言うそうです。
本来は「七草」と書いた場合は「秋の七草」を指し、小正月1月15日のものも七種と書いて「ななくさ」と読みますが、一般には7日正月のものが七草と書かれるそうです。
現代では本来的意味がわからなくなり、風習だけが形式として残ったことから、人日の風習と小正月の風習が混ざり、1月7日に「七草粥」が食べられるようになったと考えられているようです。
セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ
「七草粥」は、邪気を払い万病を除く占いとして食べられます。
呪術的な意味ばかりでなく、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあると言われていますね。
・・・が、セリ・すずな・すずしろ以外は・・・、あまり食べたいとは・・・。
”メタボ人間”は、普段からこういう品々を食べていれば良いのでしょうが、こればかりというのも悲しいし・・・。
              【春の七草】

名前現在の名前科名
芹(せり) セリ セリ科
薺(なずな) ナズナ(ぺんぺん草) アブラナ科
御形(ごぎょう) ハハコグサ(母子草) キク科
繁縷(はこべら) ハコベ(蘩蔞) ナデシコ科
仏の座(ほとけのざ) コオニタビラコ(小鬼田平子) キク科
菘(すずな) カブ(蕪) アブラナ科
蘿蔔(すずしろ) ダイコン(大根) アブラナ科

« 「したたか」と「お人好し」 | トップページ | 落語「七草」 »

季節・散歩」カテゴリの記事