« 不思議な建物 | トップページ | まだまだ・・ »

2011年1月22日 (土)

着物の紋

先日の「人形町らくだ亭」で、さん喬師匠の「うどんや」を聴きました。
K74さん喬師匠は、上品な薄いクリーム色の羽織と着物で登場しました。
「あれっ?」・・・色だけみると、私が先日誂えた着物とよく似ている感じがします。
紋付ではないのかなと、目を凝らして見ると、白い「丸に三ツ柏」の柳家の紋がさりげなく染められていて・・・。
私の着物は、店のご主人が「淡い色の着物だからと、紋は黒くしたらどうでしょう」と言ったので、「じゃあそれで」とお願いしましたが・・・。
実は、さん喬師匠の着物を見る前から、頭の片隅に「あれで良かったかなぁ・・?」という思いがあったことも事実なんです。
17391354そして、高座のさん喬師匠の着物を拝見して、「黒い紋だと、ちょっと強すぎるかなぁ・・。」と・・・。
そこで、すぐに店のご主人に電話をかけて、「さん喬師匠を聴いたんですが、同じような色の着物を着てたけど、紋が白かったので、私のも白くしてもらおうかなぁと思って・・・」と相談してみると、「生地が淡色なので黒い方がよく見えるだろうとお勧めしましたが、紋はちょっと目立たなくなりますが、白でも素敵ですよ。あとはお好みです。」という答えが返って来ました。
「白でも素敵ですよ」の一言で陥落。
「それじゃあ、白にしてください。」という訳で、白い紋に変更することにしました。
私の家紋は「丸に九曜星」です。
着物も間もなく出来上がるようです。

« 不思議な建物 | トップページ | まだまだ・・ »

徒然」カテゴリの記事