« 扇子っ子連発表会 | トップページ | あ、あさ…朝日名人会 »

2011年1月14日 (金)

タイガーマスク運動?

20070805_105551

最近の一連の「タイガーマスク運動」に、寄付がイベント性を帯びて、共感の輪が広がって行くように見える一方で、拡大する“騒動”に、受け取る側からは逆に戸惑いの声が漏れ聞こえてもいるようです。
今の世の中の閉塞感から、「このままでいいはずがない」という思いが、広く共有されていて、昨年の暮れぐらいから広がっているのでしょう。が、天邪鬼の私は、やや冷ややかに見ています。
というのは、贈る側の真意と受け取る側の心理のそれぞれを考えてしまうからです。
受け取る側には、「気持ちは素直に受け止めたかったが、意図がはっきりしないので」と拾得物扱いとしたところもあるようです。
子どもたちには「多くの方々に支えられている」と教え、寄付者には直接感謝の気持ちを伝えるよう指導しているようなところでは、顔の見える関係こそが教育の根幹だという訳で、いくら人気者とはいえ、アニメの主人公の名前では「お礼の言いようがない」ということです。
それに、これだけ世の中が物騒になる中で、全く得体の知れない人から、唐突に何か物が贈られて来て、無邪気に喜べますか?恐くありませんか?気味悪くありませんか?物理的にも心理的にも、何か危険を感じませんか?
Story_img_1_2安易なヒロイズムと言ったら、大変失礼かもしれませんが、フェアプレイというのは、まず自分自身を明らかにすることだと思います。
名乗らないのが謙虚だとか善意だとは絶対に思いません。
名乗り方が大切ではありますが。
かえって受け取る側に迷惑をかけてしまうと思いますがねぇ。
武士道では、「やあやあ、遠からん者は音にも聞け、近くば寄って目にも見よ。我こそは・・・。」というのでありますが・・?(違うか・・。)

« 扇子っ子連発表会 | トップページ | あ、あさ…朝日名人会 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事