« 松竹梅 | トップページ | 富士山2態 »

2011年1月 3日 (月)

初笑い・東西寄席

演芸番組もワンパターンのきらいあり。そろそろ飽きた・・・。
というのは、落語好きからしてみると、どうも司会者からして寄席や出演者を知らないので、ハラハラしながら見ているのです。
客席も、おそらく「通」は少なく、人の集まる所(混雑)が好き・お祭り騒ぎが好きな方々ばかりでしょうから・・・。
一年中で唯一、落語好きが行かない時期です。
今日は、NHKテレビ「初笑い東西寄席」。
東京と大阪の寄席・ホールからの中継番組。
まずは「鈴本演芸場」から。小三治師匠が登場。
初席のトリが小三治師匠でしたから、それにぶつけたのでしょう。
もし私が客席にいたら、「勿体ない・・、せっかく小三治師匠が聴けたのに・・、テレビ中継なんていう邪魔者が入ってしまって・・」と思うのでしょうが・・・。
大坂千日前「なんばグランド花月」は、やはり漫才が中心。
大坂からは、紫綬褒章を受章したという文珍師匠。
同時進行の「箱根駅伝」とチャンネルを往復させ、チョコチョコ変えながら、忙しく視聴しています。
どうやら、今年は早稲田大学が逃げ切りそうですよ。
  ◇  小言念仏      柳家小三治
・・・やはり早稲田大学が久しぶりに優勝しました。
  ◇  初笑い(巷談)   桂文珍
次は大坂新世界の「通天閣劇場」というところから。
漫才ばかりで落語はありませんでした。
それにしても進行役(司会者)が、誰だかよく知りませんが、それはそれは酷かった・・・。
やっと中継が大阪から東京に戻り、「新宿末廣亭」。
総合司会の爆笑問題の漫才も、随分雑な感じがしました。
  ◇  宴会の花道    春風亭昇太
昇太さんもねぇぇ。何度か聴いたネタですがねぇ。
末廣亭の初席は、落語芸術協会の芝居なんですが・・・。
こんな(混雑する)日に、寄席に行きたいと思う人も・・・、ありがたいことに?随分おおぜいいるんですねぇ。
・・・ところで、NHKラジオでは、渋谷極楽亭で、志らくさんと喬太郎さんが、コラボレーション落語などという、まぁ、くだらないことをやっていました。

今年の三ヶ日は、天気も穏やかで、静かな良いお正月でした。
特に今日はずっと家にいて、ゆったりとした「寝正月」・・。

« 松竹梅 | トップページ | 富士山2態 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事