« 快速運転に・・ | トップページ | 真打競演 »

2010年12月20日 (月)

点て損じました

"稽古とは一より習い十を知り 十よりかえる元のその一" 
4_2茶道の教えで、初心を忘れてはならないという意味の、有名な言葉です。
これ、茶道に限らず、落語にも通じると思いますねえ。
茶道で、自分の点てたお茶を飲んだ時に、謙って「点て損じ(たてそんじ)ました」というのが、お作法なんだそうです。(厳密に言うと違うかもしれませんが・・・。)
いくら謙ったとしても、お客さまにふるまったお茶と同じものを自ら飲んで「失敗です」って言いますか?お客さまに「失敗作」を飲ませたのですか・・・?
Saho06「粗品(粗茶)でございますが・・・」「お粗末でございました」なんて、日本人は"引く"文化ですね。
落語国の住人には、そんなことは通じませんね。
「美味い"粗"茶」・「名人の描いた"粗"屏風(絵)」・「"粗"座布団」なんていう表現は好きですね。

« 快速運転に・・ | トップページ | 真打競演 »

徒然」カテゴリの記事