« 灰皿にテキーラ | トップページ | ゲゲゲの・・ »

2010年12月 2日 (木)

「風流」の意味

Image

知らなかったのですが、「ああ風流、風流・・」は、本当は全く反対の意味のようです。

そもそも、「風流(ふりゅう)」とは、中世以後の日本において高揚した美意識のひとつで、人目を驚かすために華美な趣向を凝らした意匠を指し、婆娑羅数寄とともに侘び・寂びと対峙する存在として認識されていたのだそうです。後にはこうした意匠に沿った芸能や美術・建築などにも用いられたということです。
現代日常的に用いられる「風流(ふうりゅう)」の言葉の指す美意識とは異なるものですよ。
≪風流≫
1、上品な趣があること。みやびやかなこと。風雅。
2、世俗から離れて、詩歌・書画など趣味の道に遊ぶこと。
3、美しく飾ること。数奇(すき)をこらすこと。また、そのさま。
4、先人の残したよい流儀。遺風。

今の風流っていうのは、侘び・さびの世界に近いイメージですから・・、上の2の意味なんですね・・。

« 灰皿にテキーラ | トップページ | ゲゲゲの・・ »

徒然」カテゴリの記事