« シネマ落語 | トップページ | 一兵卒・・? »

2010年12月23日 (木)

三年坂

三年坂
この坂を「三年坂」と言うそうです。
霞が関の財務省と文部科学省の庁舎の間の緩やかな坂です。
黒塗りの車が、頻繁に通過したり、停車したり。
「東京名所図会」には「三年坂は潮見坂の南に隣れり、裏霞ヶ関と三年町の間の坂なり、坂をのぼれば是より栄螺尻とす。又淡路坂ともいい、一に此処を陶山が関という」とあり、さらに「栄螺尻、裏霞ヶ関と三年坂の間、道路の盤曲する所をさざえしりと呼び、虎の御門より永田町に出る裏道なり、曲り曲りたる坂の名なり、亦此辺鶯多し、因って鶯谷というよしみえたり」と書かれているそうです。
H030016chiyodasannenzaka2_a_2「三年坂」という名の坂は、他の場所にもありますが、これらの坂は、一般に寺や墓地の近くにあり、「その坂で転んだものはすぐにその土を三度なめないと三年以内に死ぬ」という迷信があったのだそうです。
それゆえ三年坂と呼ばれたとのこと。
「この坂で転ぶと三年以内に死ぬ」・・か・・。
国家が転ばないといいのですが・・。

« シネマ落語 | トップページ | 一兵卒・・? »

季節・散歩」カテゴリの記事