« 三代目桂三木助落語全集 | トップページ | 東京落語会 »

2010年12月17日 (金)

暮れの皇居

世が世であれば、"かしこどころ"のお住まいを、上方から見下ろすなどと言うのは、とんでもない暴挙だったでしょうが、こんな角度から緑や紅葉を見ることが出来るのは、大変幸せなことだと思います。
      
この景色は、ずっと昔から見慣れているもので、お堀端にあるビルの11階から眺めたもので、大手門から本丸跡や御所を俯瞰し、その向こう側に、新宿などの高層ビルが林立しているのを確認できます。
天守跡から北の丸方面
大手門から二重橋方面
この11階は、社員食堂になっていますから、毎日食事をしながら眺めたものでした。
松の廊下や大奥、天守があった場所などを見ながら。
暮れだからと言って、普段と変わることなく、静かな佇まいを見せてくれています。
平和な景色です。

« 三代目桂三木助落語全集 | トップページ | 東京落語会 »

季節・散歩」カテゴリの記事