« ふるさとの訛りなつかし | トップページ | 文化往来 »

2010年11月26日 (金)

気持ちの持ちよう

何か釈然としないことやストレスになることの多い世の中です。
落語国には、「〜の(〜した)つもり」という便利な術?があります。
「だくだく」なんていう噺はそのものズバリですし、夢想なんていうパターンは数多く出て来ます。
その中でも出色の発想だと思うのは、「不動坊」の1シーンです。
大家さんが、吉兵衛さんに縁談を持って来るところから始まる噺。
不動坊火焔という講釈師の女房のお滝さんに惚れているが、当然人妻と結婚することはできない。そこで、「お滝さんは実は俺の女房なんだ。しかし、ちょっと事情があって、今は不動坊に貸しているだけだ。」と思い込んでいるというところ。
ここは、噺の本題には全く関係のない部分ですが、この落語国の主人公たちの独り善がりな思考回路が好きなんてす。
邪な気持ちではなく、例えばこういう発想が出来たら、随分楽だろうなと思います。

≪不動坊≫
長屋に住む講釈師、不動坊火焔が旅先で急死し、未亡人のお滝に再婚話が持ち上がる。
同じ長屋に住む吉兵衛が、不動坊の残した借金を肩代わりするという条件で、お滝をもらうことになった。
もともとお滝に思いを寄せていた吉兵衛は、降ってわいた話に夢見心地。
銭湯で新婚生活の稽古をしているところを町内の連中に目撃されてしまう。
じつは町内の男どもは、みなひそかにお滝に惚れていたのだ。
悔しくて成らない鉄、萬、徳の三人組はお滝の祝言を破談にさせようと計画を思案。
売れない噺家を雇い、不動坊火焔の幽霊が恨み言を言いにくる筋立てを考える。
さて、夜になり、連中は吉兵衛の住処の屋根に登って芝居をはじめる・・・が・・・。

« ふるさとの訛りなつかし | トップページ | 文化往来 »

徒然」カテゴリの記事