« 根岸の里のわび住まい | トップページ | 花形演芸会 »

2010年11月23日 (火)

金明竹じゃないけれど・・・

「往生際の悪い、あの大○○大臣が、とうとう(やっと)辞表を出した(更迭された)ってさ。」
「何ぃ、更迭されたぁ?法務大臣が? おいおい、だけどあの大臣には、北朝鮮の"拉致問題"も担当していたはずだが、それはちゃんと解決できたのかい?」
「いいえ、全く"埒が明かず"でございます。」

≪拉致(らち)≫
ある個人の自由を奪い、別の場所へ強制的に連れ去ること。
≪埒(らち)が明かない≫
なかなか、思うように物事が進まず、途中で,止まっているような状態。はっきりしないこと。はかどらないこと。
≪埒(らち)≫
①かこい。さく。馬場の柵。②物事の限界を決める区切り。

« 根岸の里のわび住まい | トップページ | 花形演芸会 »

巷談」カテゴリの記事