« 落語家の値打ち | トップページ | 杜の家頓平師匠 »

2010年10月19日 (火)

猿・鹿・熊・・・・

猿後家・鹿政談・熊さん、なんていうんじゃありません。
奥山に棲んでいるはずの動物たちが、里山はおろか人里まで出没して、住人を襲って怪我をさせるという、大変なことになって来ました。

170pxursus_thibetanus_3_28wroclaw_z

一方、学術的な観点で生態系を見ると、例えば「月の輪熊(ツキノワグマ)」などは、東京都では「絶滅危惧種」になっているんだそうです。

雑木林がなくなって、木の実や山菜が減ってしまい、動物たちは餌を求めて里山に降りて来る。
里山も、高齢化・過疎化で荒れて来て、さらに人里にまで出て来る。
日本の山野は大変なことになっているんです。

熊の生態に詳しい森林総合研究所は、主食となるブナの実の不作を原因に挙げる。
ブナは5~7年ごとに大豊作の年を迎えるが、今年はかなりの凶作。
「冬眠を控えた熊が餌を探し、活発に動き回っている」と推測する。
 熊は東日本では11月初めまで、西日本では同月末まで活動し、冬眠に入るとみられる。「屋内で熊に出くわすと人はパニックになるが、熊も同じ。刺激を与えてはいけない」と指摘。
慌てて大声を出したり背中を向けたりせず、ゆっくり後ずさりして離れるよう助言する。
熊に出会ったら死んだふりをするというのは、あながち間違った対応ではないのかもしれませんね。 

私の郷里でも、猿が暴れて困っています。
やっこさんたちも賢いので、猿とイタチごっこをしているという、洒落にもならない状態です。
共存して行かなければならないと思いますが・・・。

「権兵衛狸」や「王子の狐」なんていう時代は良かった・・・。
notesある日 森の中 熊さんに 出会ったnote冗談じゃありません・・・。

« 落語家の値打ち | トップページ | 杜の家頓平師匠 »

巷談」カテゴリの記事

巷談」カテゴリの記事