« おかふぃ | トップページ | 雨の上野の寄席風景 »

2010年10月 9日 (土)

桂平治さん

どうでしょうか。
落語協会と落語芸術協会。
私は昔から落語協会がメインで、落語芸術協会の芝居にはあまり行きません。
従って、落語芸術協会の噺家さんを聴くのは、寄席ではなく、ホール落語会になってしまいますので、知っている噺家さんも限られます。
そういう前提ではありますが、かなり差がある気がしています。
鈴本演芸場と落語芸術協会の喧嘩別れも、噺家さんの層の薄さに原因があったと思っています。
落語芸術協会で、一人で看板が上げられる噺家さんはどんな人がいるでしょうか・・。
桂歌丸師匠・三遊亭小遊三師匠・昔昔亭桃太郎師匠・瀧川鯉昇師匠・春風亭昇太さん・・・、それに桂平治さんぐらいでしょうか。
私の偏ったイメージですから、このほかにも素晴らしい噺家さんもいるはずですが。
師匠の十代目桂文治師匠を彷彿とさせ、キャラクターがしっかりしていて、「源平盛衰記」・「お血脈」などの師匠譲りの地噺など、とにかく面白い。
先日は「佐野山」、昨日は「おかふぃ」。実にいい。
昨日の高座では、数年前に患って大手術をした話題を、マクラに振っていましたが、死も覚悟したようですから、芸にも肝が据わって来たのでしょう。
普段から着物姿で、高座では必ず黒紋付の羽織と着物という、これまた師匠譲りのこだわりが、潔くっていいですね。
落語教会の師匠方とも十分に渡り合える実力のある噺家さんだと思います。

« おかふぃ | トップページ | 雨の上野の寄席風景 »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事