« 徘徊の足跡 | トップページ | 路傍に咲きし »

2010年10月 1日 (金)

東京かわら版

Entry_cover1010thumb188x360723

忙しいというか、自分が落語を演ることばかりに追い立てられて、最近「東京かわら版」をじっくり読んでいない気がしています。
今年も、もう10月になるんですね。
「つい昨日進駐軍が上陸して来たと思っていたのに・・、」とは権太楼師匠のくすぐり。
「光陰矢の如し」・・、光陰というのは矢の如しだなぁという意味。
いずれにしても、時の流れは早いものです。

10月号の表紙は、新真打5人。
今回は、真打披露目には行けませんでしたが、蜃気楼龍玉という古い名前、柳家小せんというお馴染みの名前が復活したり、それなりに賑やかなようです。
そうそう、11月で予約購読の期限になるので、郵便振替用紙が同封されていました。

« 徘徊の足跡 | トップページ | 路傍に咲きし »

書籍・CD・DVD」カテゴリの記事