« 高座での仕草 | トップページ | 路傍に咲きし »

2010年9月30日 (木)

故古今亭志ん五師匠の詳報

落語協会のHPに、志ん五師匠のご逝去に関連する記事がアップされていました。

ご逝去は9月28日、死因は上行結腸がん、享年61歳。
ご葬儀等の日程は、以下のとおり。

    通夜      :10月4日午後6時~
    葬儀・告別式 :10月5日午前10時~
    場所      :町屋斎場(荒川区町屋1の23の4 )
    喪主      :篠崎好美(よしみ)様(夫人)

改めてご冥福を祈ります。

20100929k0000m040071000p_size5

故古今亭志ん朝師匠の一番弟子。
若い頃は与太郎噺を得意としていましたが、パワフルな高座からここ数年は人情味のある噺へと傾向が変わり、円熟期を迎えようとしていた矢先でした。

出身地  東京都台東区
芸 歴
    昭和41年 9月      古今亭志ん朝師匠に入門
    昭和43年 1月      前座名「高助」で初高座
    昭和46年11月     二ツ目に昇進し「志ん三」と改名
        昭和57年11月     真打に昇進し「志ん五」と改名
       平成13年10月      理事付役員に就任
       平成18年  6月      落語協会常任理事に就任
志ん五師匠のHPのトップには、こんなコメントが・・・。

やっと少し秋らしくなってまいりました
お身体ご自愛くださいませ

それから、結局休演した亡くなる前日27日の「紀伊國屋寄席」では、「妾馬」をネタ出ししていたんですね。
お元気だったなら、きっと八五郎が大活躍をする、爆笑の「妾馬」を聴かせてくださったことでしょう・・・。

« 高座での仕草 | トップページ | 路傍に咲きし »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事