« 十代目金原亭馬生全集 | トップページ | 落語三昧 »

2010年9月11日 (土)

インターネット落語会

午前中は、「ねずみ」を通しで1度。
まだ後半が出来上がっていません。
今日は、稽古をやろうと決めたはずですから、もう2~3度は通してやることになるでしょう。
とはいえ、部屋での稽古ですから、少ぉし声を抑えて・・・。
それでも、別の部屋にも聞こえるのでしょうか、「私は、猫だと思いました」とオチ言った後、痺れた足をさすっていると、「ご飯だよぉ」・・。
すっかり筒抜けの模様?

落語協会のHPから、「インターネット落語会」にアクセス。
この秋の真打昇進披露パーティの様子や新真打の噺(新宿末廣亭での深夜寄席卒業公演)がアップされています。
パーティ会場で新真打へ一言ということで、権太楼師匠や南喬師匠に小満ん師匠、芸術協会の小遊三師匠と粋曲の小菊さん。
師匠方のコメントは、渋く面白く、小菊さんは着物姿でなく洋装だったのが印象的です。
個人的な好みですが、小せん・扇里さんの緊張した表情に好感が持てました。

真打の数がまた増えました。
今年は春の5人も含めて10人が真打に昇進しました。(落語協会)
半面、不幸にしてお亡くなりになった方などは、さほどいらっしゃらないはずなので。
真打になるということは、本当にこれからが勝負だということですね。
今までは、ウォーミングアップだったという感じです。

« 十代目金原亭馬生全集 | トップページ | 落語三昧 »

徒然」カテゴリの記事