« 習志野圓生祭 | トップページ | 台風 »

2010年8月11日 (水)

圓朝忌

Event20050807_

初代三遊亭 圓朝(天保10年4月1日(1839年5月13日) - 明治33年(1900年)8月11日)。
江戸時代末期から明治時代に活躍した落語家。
本名は出淵 次郎吉(いずぶち じろきち)。
歴代の名人の中でも筆頭(もしくは別格)に巧いとされる。
また、多くの落語演目を創作した。

Encho1


本日は、三遊亭圓朝の110回目の命日です。
我々は、圓朝師の口演を聴くことはできませんが、どんな噺家さんだったのでしょう。
勿論、単なる噺家さんというだけでなく、日本の近代文学にも多大な影響を与えた存在でもある訳です。
圓朝、二代目圓朝を継いだ圓右、圓朝門下で師匠を超える名人といわれる橘家圓喬・・・。
是非本物を聴いてみたい。
でも、演芸というのは、その場で消えて行くからこそ、その素晴らしさが引き立つというのも真実だと思いますから、今は聴くことのできないかつての名人たちに思いを馳せながら、今の名人・上手たちを聴くのがよいのでしょう。
「今の人たちは圓朝が聴けなくてかわいそう」と、明治の寄席通に言われるかもしれませんが、「明治の人たちは、志ん朝や・・・・を聴けなかった」と言えるような噺家さんもいるはずですから。
それにしても、改めてこの落語中興の祖と言われる圓朝師の業績には、我々は心から感謝すべきでありましょう。

« 習志野圓生祭 | トップページ | 台風 »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事