« 上野徘徊 | トップページ | 「ん組」稽古会 »

2010年8月29日 (日)

可愛い見学者

可愛い見学者
今日の稽古会には、お客様が2組。
一人は、紅巣亭のメンバーで、芝居経験があり、保育士をやっているというSさん。
寿限無をハキハキと披露してくれました。
刺激になりますね。
それからもう一組は、"太郎くん"とお母さん。
インフルエンザになった時に、おじいちゃんが落語のCDを聴かせてくれたのがきっかけで、すっかり落語好きになってしまったという、小学3年生(8歳)。
師匠から、師匠の落語が載っている小学4年生の国語の教科書をプレゼントされ、はにかんでいました。
師匠から、「(落語が好きなら)まず大きな声で元気に話そう。」というアドバイス。
テレビや絵本で「寿限無」の名前は覚えているというので、座布団に座って一席。
とても可愛い噺家さんぶりでした。
こんな子どもたちが落語に興味を持ってくれたら、落語の明日は明るいですね。
それにしても、8歳から落語をやったら・・、末恐ろしい気もします。

« 上野徘徊 | トップページ | 「ん組」稽古会 »

落語っ子連」カテゴリの記事