« 朝顔市 | トップページ | "浜野矩随"2態? »

2010年7月 7日 (水)

七夕

Image

五節句の一つである七夕は、彦星(牽牛星・アルタイル)と織姫(織女星・ベガ)が年に一度だけ天の川で逢瀬を楽しむ、というロマンチックな話として広く知られているが、これは中国から伝わった伝説上の話であり、日本の七夕の由来から生まれたものではない。
 奈良時代、中国から、「乞巧奠(きこうでん、「巧」は裁縫の上達の意)」と呼ばれる星祭りが日本に伝わった。これは、女子が裁縫の上達を願って、養蚕や針仕事を司る星とされる織女星に針や絹糸を供えたお祭りで、宮中の儀式として定着した。
 そして、このお祭りが、日本古来の、神様へ捧げる衣を織る「棚機女(たなばため)」に対する信仰と結びついて、現在の七夕になったといわれる。「七夕」を「シチセキ」と読まず、「タナバタ」と読むのはこのためである。

200pxsendaitanabata1

 日本の七夕は、先祖が帰ってくる盆を迎えるにあたっての「禊ぎ(みそぎ)」の意味の伝統行事であるとされる。人里離れた水辺の機屋(はたや)で、神の妻となる処女が神を祭って一夜を過ごし、翌日七夕送りをして、穢れを神に託し持ち去ってもらう祓(はらえ)の行事であった。今でも七夕の夜に水浴びをしたり、井戸をさらう地方があるようだし、昔は笹飾りに現世の悪い事を移して流していたという。

仙台で青春時代?を過ごした身ですから、七夕祭りというのは、格別の思い出があります。
今日は七夕。(仙台の七夕祭りは8月ですが。)
七夕にちなんだ噺というのはありましたかねぇ・・・。ちょいと思い浮かびませんが。
朝顔市の帰りには雨が降り出しましたから、今夜の天上での逢瀬も"水入り"になってしまったかもしれません。
こんな夜は、一人部屋で、寝蔵師匠が送ってくださったDVDなどで、自分の映像でも視聴して寝ることにしましょうか・・・。ナルシストになったか・・。

« 朝顔市 | トップページ | "浜野矩随"2態? »

徒然」カテゴリの記事