« 三遊亭圓窓の落語体験教室 | トップページ | 右足が(かなり)復活 »

2010年6月 9日 (水)

三流亭まど音さん

P5290167

二番目は、音楽教室の校長先生で、稽古場のオーナーでもあるまど音さん。
以前は、桂文治師匠、そして今は圓窓師匠の大ファン。
勿論、若手の噺家さんの噺も多く聴いておられて、噺家さんにとってもありがたい存在の方だと思います。
笑い上戸のところがあって、我々の稽古の時でもよく笑ってくださいますし、ひとたびスイッチが入ると笑いが止まらなくなるという特技?をお持ちです。
今回の「半分垢」は、短歌・和歌の入った噺を演りたいと言っているまど音さんにしては、異色な噺でしたが、着慣れた着物姿もよろしく、ぐっと落ち着いた大人の噺っぷり。
やはり、「駄目だ。駄目だ。」と言っていても、この本番の強さは筋金入りですか・・・?
次回は和歌の入った噺で「道灌」がいい、と仰っていました。

« 三遊亭圓窓の落語体験教室 | トップページ | 右足が(かなり)復活 »

落語っ子連」カテゴリの記事