« 学校に落語家を派遣? | トップページ | 歌舞伎座 »

2010年4月28日 (水)

公訴時効

確かに落研にいて、大学時代の思い出の大宗は落研なのですが、落研では単位が貰えません。 (今言うのは恥ずかしいですが)これでも一応法学部で、優秀な成績で卒業した人と一緒に卒業したんです。(時々本人も忘れています。)
殺人事件など凶悪犯罪の公訴時効の廃止・延長が成立し、電光石火の即日施行という異例な動き。
それにしても、単に「時効」と言わず「公訴時効」という言葉がすうっと出てくるあたりなんぞは、只者ではない片鱗ですよ。
被害者や市民感情、他国の対応からすれば、相当な流れなのでしょうが、捜査の長期化が、当局のモラルダウンや、人員の増加に繋がらないように望みます。

それから、某政治家の資金管理団体の事件での、検察審査会の「起訴妥当」の議決。
これにも、「市民目線」・「善良な市民としての感覚」というのが、かなりウエイトを置かれているようです。

昔の大先輩が、「仕事の上で判断に迷ったら、大衆に聞け」と仰っていたことを思い出します。

« 学校に落語家を派遣? | トップページ | 歌舞伎座 »

巷談」カテゴリの記事