« はやし家林蔵師匠の訃報 | トップページ | お江戸OB落語会案内メール »

2010年4月 6日 (火)

月例三三独演

月例三三独演
三三さんも久しぶりな感じがします。

 ◆  浮世床      柳家三三
 ◆  藁人形      柳家三三
 ◆  犬の眼      鈴々舎わか馬
 ◆  明烏       柳家三三

今日は、なかなか聴き応えのある内容でした。
「藁人形」は、悪者が出、怨念も渦巻き、陰湿な噺で、あまり好きではありませんが、しっかり"三三節"になってはいました。
「明烏」で感心したのは、町内の札付きの源兵衛と多助の演じ分けがはっきりしていたこと。
二人の性格や役割がしっかり描かれていたので、展開が分かりやすかったと思います。
「なんで?」という台詞が江戸弁でなかったのは、今時の若い者を表すための演出だということにしたいと思います。

ところで、ゲストの鈴々舎わか馬さんは、今秋に真打昇進ですが、「柳家小せん」を襲名するそうです。
柳家の大きな名跡です。
先代は亡くなってまだあまり時間が経っていませんが、いいですよね。まことにおめでたいことです。

« はやし家林蔵師匠の訃報 | トップページ | お江戸OB落語会案内メール »

寄席・落語会」カテゴリの記事