« 六代目三遊亭圓生全集 下 | トップページ | 落語を聴くなら古今亭志ん朝 »

2010年3月 3日 (水)

tsunami

wavewave「tsunami」って英語なんですね。wavewave

このあいだのチリ地震に伴う津波に関する警報に関して、また色々騒がれています。

1「警報が大げさ過ぎた・予測が過大だった」という批判に気象庁が謝罪・陳謝したり、国土交通大臣が、「謝罪の必要なし」と反論したり・・・。
そしてついに、防災担当大臣が、当日行われた某マラソンイベントに疑問を呈したということです。


商売やら、個人的に不便や得べかりし利益が得られなかった人は、文句も言いたくなるかもしれませんが、確かに予想は下回ったものの、現に被害を受けたり、冠水した場所もあり、予想された津波が来た可能性も十分あった訳です。
2勿論、情報は正確な方が良いに決まっていますが、必要な警告をすることは必要だと思います。
それが、リスク管理、災害に備えるというものだと思うのです。

国土交通大臣は、「まだまだ津波の予測の精度が低い」と指摘した上で、「しっかり準備をするという点では、津波の程度が過小であるよりは過大であった方が、より徹底できる」との見方を示したそうです。言葉の使い方はともかく、ニュアンスは理解できます。

20100301k0000m040101000p_size5

さて、あのマラソンですよ。
社会的な影響も大きなイベントでもあり、総合的に判断すると、私も開催にやや疑問に感じます。
イベント担当者は、「津波警報は出ていたが、東京湾の予報は1メートル。ゴール地点は海抜約6メートルあり、安全だ判断したそうですが、果たして担当者が「判断する」基準を持っていたのでしょうかsign02
3万人の命を負っていることを本当に真摯に受け止めた判断だったでしょうかsign02

警報の出た全国各地でも、警報(避難勧告や指示)に従った人が少なかったそうです。
神のみぞ知る部分を判断することですから、とても難しいですね。

« 六代目三遊亭圓生全集 下 | トップページ | 落語を聴くなら古今亭志ん朝 »

巷談」カテゴリの記事