« 窓門会 | トップページ | 水神 »

2010年3月11日 (木)

大イチョウ

7_114519_thumbnail

春の嵐で、樹齢1000年といわれる大イチョウが倒れてしまいました。

後で聞けば、幹の中は空洞で、今までよくぞ頑張ったものだと思います。
専門家によれば、回復は極めて困難だろうと・・・・。
残念ですね。
源実朝を甥の公暁が暗殺した時に、身を潜めていたイチョウなんだそうです。
信じられない面はあるものの、夢はありますよね。

京都の人にとっての「このあいだの戦争」というのが、「太平洋戦争」ではなく「応仁の乱」だと言われるように、悠久の時間の流れが感じられるのは、いずれも「古都」だからですね。
これには、大坂も江戸も到底敵わない。
いわんや横浜をしてをやです・・・。

それにしても、今年に入ってから"大イチョウ"は大変ですね。
鶴岡八幡宮の大イチョウは、長い風雪に耐え切れずに朽ち、"国技のモンゴル大イチョウ"は根っこから腐りきっていました。

« 窓門会 | トップページ | 水神 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事