« 「落検」 | トップページ | ラジオ寄席 »

2010年3月28日 (日)

「ん組」稽古会

師匠は窓輝さんの披露興行の狭間で、ご多用の中での稽古会。

落研の先輩の愛詩亭朝大師匠と愉し家団巣師匠に依頼された浅草演芸ホールの真打昇進披露興行のチケットを師匠から購入。
師匠もよくご存じの二人のことを話すと、「あぁそう。ありがとう。」と、師匠も嬉しそうでした。

201003281029000

◇  代書屋       三流亭窓口
◇  小言念仏      三流亭商人
◇  厩火事       三流亭無弦
◇  浜野矩随     三流亭流三

さすがに師匠にも「もう何度も聴いたね」と言われました。
マクラを喋って本題に入った所で、師匠から「ちょっと待って!」・・。
「いや、褒めるんだけれども・・」と、「マクラの話し方に抑揚が付けられて来た」という、お褒めのコメントでした。
思いもよらない言葉だったのて、びっくりするやら嬉しいやら。
本題に力が入り過ぎてしまいました。
それにしても、とても嬉しい・・・。

本当は、別の噺の稽古をお願いしたかったのですが、全く手がついていないので。
次回は、何とか聴いていただけるようにしておかないと。

稽古の後、窓口さんと商人さんと三人で、門前仲町でラーメン・餃子・ビールで、ささやかな打ち上げ?

« 「落検」 | トップページ | ラジオ寄席 »

落語っ子連」カテゴリの記事