« 三ッ組橘 | トップページ | 東京かわら版 »

2010年3月26日 (金)

阿武松

  ”わしが国さで見せたきものは 昔ゃ谷風 今伊達模様”
仙台市の中心部の勾当台公園に、確かこの名横綱谷風の像があったような気がします。
伊達政宗に次ぐ、仙台の英雄は、四代目横綱谷風梶之助。

昨日の窓輝さんの「阿武松」も、歴史上に名を残す名横綱。

深川八幡の横綱碑によれば、歴代の横綱といえば、 

Nisikie   初代   明石志賀之助
    二代   綾川五郎次

    三代   丸山権太左衛門
    四代   谷風梶之助
    五代   小野川喜三郎
   六代   阿武松緑之助
   七代   稲妻雷五郎 ・・・・

いい形ですねぇ・・・。

落語の「阿武松」で、一番印象に残るのは、後の阿武松を預かる時に、「武隈(たけくま)関は何か勘違いをしているな。」という
錣山(しころやま)の台詞ですね。

  

« 三ッ組橘 | トップページ | 東京かわら版 »

徒然」カテゴリの記事