« 墓マイラー | トップページ | 敗軍の将 »

2010年3月24日 (水)

This is a pen.

sunOne day, two middle-aged women, Ana and Betty, are talking a bit of gossip in a backstairs.
Ana: Good morning, Betty. How are you?
Betty: Hi! Ana. I’m fine, thank you, and you? 
A: Fine, too. Did you hear about Mrs. Nakamura?
B: No, I didn’t. What happened to her?
A: She suffered severe injury to her face in the traffic accident.
B: Severe injury to her face? I’m sorry to hear that. It’s a really pity of her!
A: But I heard her face was completely recovered by orthopedic surgery.
B: Oh! Really! Completely recovered? It’s really pity of her, too !shock

20917834_t

日本語と片言の落語しか分からない私が、突然申し訳ございません。
別のブログだと思った方も多かろうと思いますが、「乱志&流三」で間違いありませんから、ご安心を。

落研の大先輩の杜の家頓平師匠は、落語・歌舞伎に飽き足らず、大変インターナショナルな方で、ラテン語圏の人に日本語を教えたり、とにかくパワフルです。
上の英文は、今度ちょいと英語で披露しようという、小噺なのだそうです。
要するに、和訳をお聞きすると、下のようになるんだそうで。

近所の二人のご婦人が井戸端会議で話をしています。
A:部長さんの奥様、交通事故でお顔に大怪我をなさったそうよ。
B::そうぉ!それはお気の毒ね。
A:でも、整形手術ですっかり元のお顔に戻ったんですって。
B: まぁ、ほんとう!それはまた本当にお気の毒ねぇ。

オーsign01 マイ ゴッドsign03 This is a pensign02
あ〜ぁ、縮れっ毛の高島田・・・、あぁ、とっても言い(結い)難い・・・?

頓平師匠、パクッてしまって申し訳ありません。

« 墓マイラー | トップページ | 敗軍の将 »

落語・噺・ネタ」カテゴリの記事