« 落語研究会「三遊亭圓生全集」 | トップページ | 春風亭一之輔さんから »

2010年3月 7日 (日)

こんな話題

pc六代目圓生の名跡をめぐる話題の中で、マジかシャレかも分からないイベントのことが採り上げられていました。

coldsweats01『円生』の名跡をめぐり、前代未聞の“争奪戦”落語会が開かれることとなり、落語ファンの間で話題となっている。
その名跡を争うのは5代目円楽の一番弟子・鳳楽と、6代目円生の直弟子・円丈だ。2人は落語会で対決するが、その勝敗で襲名を決めるのではないそう。
落語の襲名は歌舞伎のそれとは違い、厳密ではないため、当人たちもファンも“シャレ”として楽しんでいる様子はある。
ブログでは「本当に大名跡を名乗りたかったら、M-1グランプリみたいなやり方で競わせて継がせたほうが健全」「自分の中では円生は六代目だけだが、芸は後世に受け継がれなければならないから、落語は落語で対決してどちらが適しているかは観客が決めればいい」など、この試みに好意的な人は多い。
一方で「こんな陳腐なアングルで先代が喜ぶハズもなく、落語界にとってプラスになるとも思えへん」「どちらも名を継ぐに値せず」といった厳しい見方もある。
そもそも6代目の遺族の意向で“止め名”となっていた『円生』。6代目の熱心なファンは「まぁどこまで本気なのかはわかりませんが円生の名を汚すようなことだけはないようにお願いしたいものです」というのが本音かもしれない。


まぁ、相変わらずいろいろあるようです。

◇3月17日(水)午後6時30分 浅草東洋館
     ≪緊急!!圓生争奪杯≫

pig

« 落語研究会「三遊亭圓生全集」 | トップページ | 春風亭一之輔さんから »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事