« 信楽焼 | トップページ | 落語でわかる江戸のくらし »

2010年2月27日 (土)

I can't thank you too much.

music私は「バイリンガル」。
といっても"日本語"と、ほんの片言の"落語"ですから、突然エゲレス言葉で言われても、意味がよく分かりません。

pc 困ったことに、先日ある人から、「I can't thank you too much.」
っていう英文のメールをもらいました。
私はてっきり、「てやんでぃ。とてもじゃねぇが、おめぇに『ありがとよ』なんざぁ言えねぇやい。」って言われてるんだと思いました。

book ところが、英語には構文という厄介なものがあって、「can't 〜 too much」というのは、 「いくら〜してもしすぎることはない」という意味なんだとか。
ということは「感謝しても感謝しきれないぐらい感謝している。」ってぇこと? それじゃあ正反対の意味じゃあ〜りませんか・・・。
そんな立派なことなんぞをした記憶はないんです。よせやい。照れるじゃねぇか。
・・・英語って難しいっすねぇぇ。落語も難しいですがね。

bud栴檀は双葉より芳しく(洗濯は二日がかりで乾かない?)
    蛇は寸にしてその気を表す(ジャワスマトラは南方で?)

house畳は備後おもての五分べりで(畳は貧乏でボロボロで?)
    左右の壁は砂摺りで(佐平のかかあはひきずりで?)


shipスイヘリーベボクノフネェ〜sweat01 
     moon3ふじさんろくおうむなくぅ・・fuji
         pencilサインコサインタンジェントぉ〜clip
             chickなくようぐいすへいあんきょぉぉ〜penguin
                 pigなむみょうほうれんげきょうぉぉeyeglass


« 信楽焼 | トップページ | 落語でわかる江戸のくらし »

徒然」カテゴリの記事