« 学士会落語会からの・・ | トップページ | 月例三三独演 »

2010年1月13日 (水)

滲み出る人柄・人品

ヽ(´▽`)/ 先日の「自習落語会」でN文亭の皆さんの噺を聴かせていただいて、改めて落語の素晴らしさと怖さを実感しました。

confident いくら隠したり取り繕ったりしても、語りにその人の人柄や人品が出て来てしまうものです。
落語を知っているとか、経験があるだとか、決してテクニックでは到底補えない、人となりが滲み出て、ストレートに感性に響いて来るのです。
特に落語は受容の芸能だから。
声や言い回しの裏に、その人の生き様そのものが見えて来ることがあります。
先日のN文亭の皆さんには、その良いオーラが横溢していた・・・。
勉強させていただきました。


catface 逆に、謙虚さのない傲慢な人であれば、必ずどこかで綻びが見えて来る気がするのです。 言葉遣いはきれいなのに品がない。何気ない登場人物の言葉や仕草に恐怖や邪悪さを感じてしまう・・・・。┐(´д`)┌

私自身も、きっとそうでないようにと念じながら、謙虚な気持ちで高座に上がろうと思っています。

そういう意味で、先日の時間はとても貴重でした。
本当に勉強になりました。
 o(_ _)o

« 学士会落語会からの・・ | トップページ | 月例三三独演 »

徒然」カテゴリの記事