« 成人式 | トップページ | 落語っ子連新年会 »

2010年1月11日 (月)

同窓っ子連自習落語会

千一亭で、本当さんが企画してくださった「自習落語会」と称する稽古会。
N文亭の方々が7名。落語っ子連は、まど深さんと私の2名。

◇ 法螺の種  N文亭恭ン恭ンさん
  とても穏やかな素敵な声で聴かせていただきました。
  オチも綺麗な噺で、「弥次郎」のセレブ版でしょうか・・・。
◇ 粗忽長屋   N文亭良好さん
  羨ましいぐらい落語向きの美声です。語り言葉も気持が良い。
  生意気に、上手(かみて)・下手(しもて)のコメントをさせていただ
  きましたが、ピシっと決まると、一層痛快な「粗忽長屋」になると
  思いました。
◇ 犬(創作)  N文亭岬さん
  ご自宅で飼っているワンちゃんとご家族の触れ合いを丁寧に綴っ
  た創作噺です。
  几帳面にワープロ打ちされたネタ本を頂戴しました。
  N文亭の皆さんのパワーと、幅の広さには感服してしまいます。
  しっかりオチも入っていて、お孫さんにも落語をご披露していらっ
  しゃるとか・・。
◇ 噺家の物まね    N文亭八叟さん
    芸能ごとに幅広い薀蓄をお持ちの方で、私は、普段の語り口調が
  大好きです。
  今輔・柳好・痴楽・文治・柳橋・円生・正蔵。いずれも先代や故人
  ですが、その真似の素晴らしいこと・・・。木戸銭を取れますよ。
◇ やかん    N文亭英太さん
  十代目文治師匠をベースにした「やかん」。落語をよくご存知で、
  ご本人も楽しそうに演っていらっしゃいます。
  拝聴していてとても嬉しくなりました。
◇ 芝浜     千一亭本当さん
  長講大熱演。お父上に聴かせてあげたかどうかは知りませんが、
  さぞご満足なさることだと思います。
  とにかく本当さんの熱意には脱帽です。
◇ 千早振る    三流亭まど深さん
  いつものまど深ワールド、安心して聴いていられます。

◇ 三方一両損    三流亭流三
  ・・・・・・・。ダメでした。

1時過ぎから始めて、終わったのが6時過ぎでした。
出来具合いはともかく、それぞれの思いを噺として語る楽しさは、何にも代えがたいものです。

私は、ひどい「三方一両損」でしたが、とりあえずなんとか無事に、今年の高座初めを勤めることができました。

« 成人式 | トップページ | 落語っ子連新年会 »

落語っ子連」カテゴリの記事