« ほうじの茶 | トップページ | 次の噺 »

2010年1月25日 (月)

紀伊國屋寄席

Img 紀伊國屋ホール入口に、まど音さんと窓蕗さんがいました。
3人でもぎりを通ろうとした時、まど音さんが「あれ?流三さん、私のチケットは?」。
「えっ?この間渡しましたよ。」
「あぁそうだった。置いてきちゃったぁ!」・・。

でもさすがに太っ腹な紀伊國屋さん。
「私の隣の席で、私が買ったから間違いありませんから。」と事情を説明すると、入れてくれました。
ありがとうございます。感謝、感謝・・・。 
m(_ _)m
ロビーで話をしていると、今度はまど深さんが入って来ました。まど女さんも遅れて来るとのこと。

  ◆ 平林               春風亭朝呂久

  ◆ 壺算               三遊亭窓輝

  ◆ 締め込み      柳家三三

  ◆ 蜘蛛駕籠      三遊亭歌司

  ◆ 干物箱       林家たい平

  ◆ 小間物屋政談   三遊亭圓窓

今日の出演者は、みんなマクラの振り方がうまかったと思います。
ということは、やはり芸達者だということでしょう。

たい平さんが、マクラでお得意の物真似を、干物箱にしっかり繋げたのを受け、圓窓師匠は圓生師匠の真似の話題になりました。
昨日の稽古の後の雑談で、「ほうじの茶」の話題になったのと同じ事も仰っていたので、「この話は、昨日直接聞いてるんだぜ〜」なんて、ささやかな優越感に浸ったりして。

師匠の長講「小間物・・」の前半のミステリアスな演出から、大岡裁きのユニークな展開まで、じっくり聴かせていただきました。

« ほうじの茶 | トップページ | 次の噺 »

寄席・落語会」カテゴリの記事