« 「浜野矩随」ネタ帳完成 | トップページ | 学士会落語会 »

2009年12月21日 (月)

M-1グランプリ

tv結成10年以内の漫才コンビNo.1を決める「M-1グランプリ2009」の決勝戦が放送され、結成9年目の「パンクブーブー」が全審査員から満票を獲得して9代目の王者に輝きました。

karaoke広く言えば落語も漫才も「お笑い」という同じカテゴリー属することになるのでしょうが、今の漫才、しかも大阪の吉本全盛の現状には、とても違和感がありますねぇ。
演る方も審査する側も吉本・吉本・・・・。身内のイベントのような感じもしますから。

happy02観客も審査員も、何か・・こう・・違うんだよなぁぁぁ。
笑わせるポイント、笑いの質、笑いに求められる品とか深み・・・。話芸ではない。
違う・・。快い気分になれない・・・。違う・・・。
せめてもと思って応援していた「ナイツ」も、残念ながら決勝に残ることができなかったし。

coldsweats01情緒のある、アナログの笑いがいいんですけれどもねぇ。
古いんですかねぇ・・・。

smileでも、寄席には、「ナイツ」だけでなく、「ロケット団」や「笑組」なんていう人たちがいてくれて、彼らがまた面白いんですよ。



« 「浜野矩随」ネタ帳完成 | トップページ | 学士会落語会 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213007/47082194

この記事へのトラックバック一覧です: M-1グランプリ:

« 「浜野矩随」ネタ帳完成 | トップページ | 学士会落語会 »