« 乱志の落語徘徊・四 | トップページ | 浅草夕景 »

2009年11月 7日 (土)

酉の市

200911041859000_2 上野駅の中央改札口の天井から、「浅草酉の市」という大きな幕がぶら下がっています。

今年のお酉さまは、壱の酉が11月12日、弐の酉が24日なのだそうです。

いよいよ冬が到来という気がします。

Img_03 酉の市は、11月の酉の日(十二支)を祭日として、浅草の酉の寺(鷲在山長國寺)や各地の鷲神社、大鳥神社で行われる、開運招福・商売繁盛を願う祭りで、江戸時代から続く代表的な年中行事だそうです。
江戸時代には「春を待つ 事のはじめや 酉の市」と芭蕉の弟子其角が詠んだように、正月を迎える最初の祭りとされていたようです。
当時“酉の町”“酉の祭”(とりのまち) ともいわれ、11月の最初に巡ってくる酉の日(一の酉)が一般的に重んじられたようです。
Img_04酉の日の祭日が12日おきに巡ってくるため、祭りが2回の年と3回の年があり、現在でも「三の酉」まである年は、火事が多いといわれています。

« 乱志の落語徘徊・四 | トップページ | 浅草夕景 »

季節・散歩」カテゴリの記事