« 長短 | トップページ | 出演者の一言 »

2009年10月 6日 (火)

商いの切っ先〜訂正

Img_0001 先日の日経新聞「春秋」での「明烏」にある「商いの切っ先」について、気になったので調べてみました。

手元の、昭和49年3月刊の「桂文楽全集 上」に収められている「明烏」(18ページ)に、こんな一節がありました。

・・・あたしが死んじまってお前がこの身代を引き受けて、旦那がたを招待してどこのお茶屋はどういう格やらだとか、どこの料理屋ァどういうものを食わせるぐらいのことを、覚えていてもらわないと、いざというときに商売(あきない)の切っ先が鈍っていけませんよ。   

参りましたsign01

改めて、己の浅学さ加減を思い知りました・・・。

もう一度、勉強し直してまいります・・・。(絶句)

« 長短 | トップページ | 出演者の一言 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事