« 商いの切っ先 | トップページ | 「同窓っ子連」合同稽古会② »

2009年10月 3日 (土)

「同窓っ子連」合同稽古会①

Img_0002 あるHPでは、我等が三遊亭圓窓師匠は以下のように紹介されています。
六代目三遊亭 圓窓1940年10月3日 - )は、東京都江東区出身の落語家。落語協会所属。本名、橋本八郎(はしもと はちろう)。出囃子は『新曲浦島』。
『釜泥』をはじめとする古典落語だけでなく、パソコンを利用した通信落語や、民話を題材とした創作落語を行うなど、活動の幅は非常に広い。最近では各地の小学校を訪問して、落語を実演している。2000年には、自ら口演した古典落語の『ぞろぞろ』が、小学4年生の教科書に掲載された。
・・・という訳で、今日が師匠の誕生日です。
(ご本人が今日だと仰っているのですから、わざわざ調べることもないのですが。)

師匠に師事する複数の素人落語連「同窓っ子連」で、師匠の69歳の誕生日をお祝いしようという趣向の合同稽古会です。

Img_0001◇ 雷月日    三流亭びす太・落語っ子連
◇ 釜泥      紅巣亭節々・語りっ子連
◇ 枯木屋    千一亭本当・落ちっ子連
◇ 真田小僧   有難亭龍宮・噺っ子連

◇ 時そば    N文亭良好・笑いっ子連
[指導出演]
◆ がまの油  三遊亭圓窓

200910031751000師匠が客席で聴いて、噺が終わるたびに演者の紹介も兼ねたコメントを、面白可笑しくしてくださいます。

こういう具合に、やや身内とはいえ、人前で落語ができる機会というのは非常に貴重です。
励みにもなるので、各メンバーの落語のレベルも上がっていくと思います。

何のご縁もない色々な人たちが、「落語」という接点だけで触れ合うことができるなんていうのは、本当に素晴らしいことですよ。
とにかく理屈抜きに楽しい・・・。

« 商いの切っ先 | トップページ | 「同窓っ子連」合同稽古会② »

落語っ子連」カテゴリの記事