« 橘連二写真集噺家 | トップページ | 落語CD昭和の名人≪18≫ »

2009年9月 2日 (水)

天角地眼一黒鹿頭耳小歯違

何のこっちゃいう感じの漢字の羅列?
"てんかくちがんいちこくろくとうじしょうはちごう
"と読みます。
全く予備知識もなく、この言葉を聴いても、本当にチンプンカンプン。

Mgyu_img28 「牛ほめ」の与太郎さんに、これを言わせようというのですから、与太さんのお父っつぁんも凄い・・・・。

落語には、普段知らない言葉や、当時の価値観など、今でも一般教養として役立つものも、どっさり出て来ます。

「天角・・・・」は、良い和牛の条件だということです。へぇ、そう言うことですか・・・。トリビアですね。

「牛ほめ」という噺は、落語を知る初期の頃に初めて聴き、面白いなぁ、でも何か知識の押し付けがましい気もするなぁ、と思った気がします。
ただ、オチの「穴が隠れて"へ"の用心だ。」は、いまだに納得できるものではありません。

« 橘連二写真集噺家 | トップページ | 落語CD昭和の名人≪18≫ »

落語・噺・ネタ」カテゴリの記事