« 柳家三三独演会の案内 | トップページ | たがいちがい・・? »

2009年9月 3日 (木)

圓生忌

Photo 昭和54年の今日(9月3日)、三遊亭圓生師匠が急逝されました。
前年に落研主催の独演会に来てくださった直後、落語協会を脱退し、寄席というバックボーンを手放してから、精力的に各地の落語会に奔走していた最中の時期でした。
この落語界の一大事件を、落語に疎遠になりつつあった社会人1年生の私は、思いの外、冷静に受け止めていた気がします。

ちょうど30年前になります。

Photo_2 芸に対する厳格さや孤高な人柄あたりが、後の評論家や噺家さんたちからは、必ずしも良く言われない部分もあって、やや損な存在だった気がしますが、話芸に加えて、数々の著作や音源や映像も残した功績は、もっと評価されるべきでしょう。

落語研究会のDVDの全集の付録の、現在の「第5次落語研究会」がスタートした昭和43年の初回時の口上のCDで、当時68歳の元気な声を聴きました。
Ensho 圓朝には間に合わなかったものの、明治41年の大晦日に、若き四代目柳家小さんや圓朝門下の圓右や師匠圓朝
を凌ぐと言われた名人橘家圓喬のことなど、興味深く聴きました。
圓喬が、師匠圓朝作の「福禄寿」を45
分ぐらいかけて演り、客席が"しーんと"静まりかえっていた様子など・・。

« 柳家三三独演会の案内 | トップページ | たがいちがい・・? »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事