« 師匠のコメント | トップページ | 堀井憲一郎の「落語論」 »

2009年8月 8日 (土)

灘の酒・・(ノ_-。)

(ρ_;) ・・・やはり悔しい・・・。先日の「子ほめ」。師匠はじめ「ご愛嬌」と言ってくださいますが・・・悔しい。

八:「ご隠居さんの所に"ただの酒"があるって聞きましたから・・・」

隠:「酒はあるがな、"ただの酒"じゃない"灘の酒"だよ。」

bottleご隠居さんが、「私のところにあるのは"ただの酒"だ。」と言ったらダメでしょ。・・・見事に?言ってしまいました。

shock「前回の発表会でもしくじっているから、今回は絶対に失敗しないように」と、万全の?気持で臨んだのに・・・・。

Rimg00084u確かに、確かに、この言い間違いがあったおかげで、客席から笑いが出て軟らかくなり、その後の受けにはプラスになった、だからご愛嬌だということですが・・、かなり受けましたが、それでは100%本質の笑いではありませんから・・。

ただ、今回の高座で心掛けた、登場人物の区別と全体のメリハリとリズムは、ある程度出せたのかなと思っています。

「調子がいい落語は、聴いていて心地よいから眠くなる」と師匠。そして「眠くなった」ということですから、全体の流れはスムーズだったのでしょうが・・・。   それにしても悔しい・・・。bearing

« 師匠のコメント | トップページ | 堀井憲一郎の「落語論」 »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 師匠のコメント | トップページ | 堀井憲一郎の「落語論」 »