« またまた・・・ | トップページ | 東京落語会 »

2009年7月17日 (金)

龍馬伝

Speech02 またまた歌之介さんの話題。
落語協会の「インターネット落語会」の7月中席(今)で、先月の末廣亭での「龍馬伝」が配信されています。
歌之介さんオリジナルの素噺の落語(随談?)です。

寄席ではよく受けるんです。

と言うより、歌之介さんを何度か聴いていますが、題名はともかく、一連のこのネタしか聴いたことがない気がします。

川柳川柳師匠の「ガ-コン」、鈴々舎馬風師匠の「会長への道」、三遊亭圓歌師匠の「中沢家の人々」など、それぞれいやと言うほど聴きました(現在継続中)が、やはりネタ・演題として認知されるには、壮大な?マンネリズムも必要なのでしょう。

尤も、寄席、寄席演芸というのは、マンネリズムの塊で、それが安心感を与え、支持される一因でもありますよ。水戸黄門や遠山の金さんも同様・・・。

« またまた・・・ | トップページ | 東京落語会 »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事