« 母の誕生日 | トップページ | 集中豪雨再び »

2009年7月24日 (金)

天災?人災?

2009072300000009maipsocithum000 「これは人災です。」と、山口県の集中豪雨による土砂崩れの被害者の悲壮な言葉。
世の中が、自走力を失った政党の茶番劇や日食騒ぎに沸き立っているのと同時に、痛ましい事故が起こっているのです。
それぞれに個別の直接の原因はあるのでしょうが、国土を壊すばかりの政治や教育の罪は、甚大なものだと思います。
2009072200000008maipsociview000 荒れた土地に異常気象が加われば、こういうことになるのは当然でしょう。
私の実家も山の中の、小さな川のそばにありますが、昔は感じなかった不安があります。
裏の山が崩れて川を塞いだら・・。
考えたくもないことですが・・。

「紅羅坊名丸」さんといえども、目の前を流れる濁流を見れば、「天災だ」などと悠長に構えている訳にはいかないでしょう。

国作り、治山治水というのは、本当に大事な"まつりごと"ですね。

« 母の誕生日 | トップページ | 集中豪雨再び »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事