« 「落語百選」≪21≫ | トップページ | 唐茄子屋とかぼちゃ屋 »

2009年7月23日 (木)

高校の同窓会誌

200907222040000 母校の同窓会誌が送られて来ました。

卒業して30年以上経ってしまい、当時の友人たちと会う機会もほとんどなくなってしまいました。

Pic_outline_01 何年か前、帰省の途中で正門の前を通りましたが、かなり雰囲気が変わった気がしました。

お盆の頃に同窓会の総会が開かれるようです。今まで一度も出席したことはありませんが、そろそろ顔を出してみてもいいかなとも思っています。

564 ただ、私は高校には、いわゆる"越境入学"をして通いましたから、地元ではないので・・・・。

でも、校舎の北側に、何の障害物もなく聳える富士山は、素晴らしかったです。トイレでは、富士山に向かって・・・というところでした。

冬の夕方、図書室で自習して帰る頃、夕焼けに染まった富士山を見るのも楽しみでした・・。

ホームルームで、笑い上戸の担任の先生を笑わせることをノルマにしていた私ですから、このあたりが、後年落語にのめり込む原点だったのかもしれません。

« 「落語百選」≪21≫ | トップページ | 唐茄子屋とかぼちゃ屋 »

徒然」カテゴリの記事