« 銀座山野亭落語会 | トップページ | 思い出づくり »

2009年7月19日 (日)

昔"大銀座落語祭"ありけり

Six_jpg 今は昔、と言っても1年前まで、春風亭小朝さんが主宰する「六人の会」が中心となって、「大銀座落語祭」というのが、文字通り銀座の数々の会場で開かれていました。

小朝さんの"21世紀のあるべき落語界"の具現化の一つの形として企画されたものだと理解していますが、「落語ブーム」にも乗って、5年間にわたる大盛況のイベントになりました。銀座の街にも受け容れられ、私も、この"煽動"に踊らされ、銀座の街を徘徊した一人でした。そして多くの話題を残して、この「大銀座落語祭」も、昨年で終わってしまいました。

去年の3連休(7月19~21日)の私の「徘徊ぶり」です。

Poster_jpg 東京は1週間「真夏日」が続いているそうです。今日(平成20年7月19日)も暑くなりそうです。(もう暑いです。)
車のエアコンが壊れて修理に出したのを、これから片道を歩いて取りに行きます。なんと10万円かかってしまい、落語活動にも経済的な打撃になります。毎日使うわけではなくても必需品ですし、買い換えなどできるはずもなく・・・。
大銀座落語祭は、木曜日から始まっていますが、私の日程は以下のとおりです。今年は「小ぶり」な会を中心にしました。
≪7月19日≫
①〈やられた!〉の会~小袁治「皇子の狐」・馬桜「禁酒番屋」
②長講特選会~圓窓「おせつ徳三郎」・藤兵衛「ちきり伊勢屋」
③おにぎやか馬生一座~鹿芝居「らくだ」
≪7月20日≫
④ほろりの会~燕路「紺屋高尾」・まん我「しじみ売り」
⑤文楽・志ん生芸の継承~今松「千両みかん」・南喬「心眼」   
≪7月21日≫
⑥芸術協会の個性~圓馬・平治・南なん・鯉昇         
⑦女流三人会~神田陽子・茜・あやめ
このイベントも今年が最後だそうです。
特に残念な気はしませんが、落語ブームの象徴のようなお祭りでしたから、終わりとともに落語ブームが退潮しなければ、と思わないでもありません。
もっとも、我々はブームに乗っている訳ではありませんから、下火になったからと言ってスタンスが変わることはありませんが。

昔、「大銀座落語祭」ありけり・・・。

« 銀座山野亭落語会 | トップページ | 思い出づくり »

巷談」カテゴリの記事