« 50周年記念誌 | トップページ | 富士山静岡空港? »

2009年6月 4日 (木)

楽屋入りの姿

P1000138 Img_guide01 都内の寄席は、○○会館・□□ホールなどとは異なり、出演者も同じ入口から入るようになっています。

従って、開演直前から開演中に、出入口近くにいると、芸人さんが(楽屋に)入る・出る姿を目撃することができます。

そして、芸人さんのほとんどが、寄席から通りに出た瞬間、街の景色に溶け込んでしまい、分からなくなってしまいます。

Yakei Service_ph_01

先日(6月1日)も、鈴本演芸場の前をウロウロしていた午後6時半ちょっと前、鈴本から、津軽三味線の太田元九郎さんが出て来ました。普段の黒紋付きに袴という姿からは想像もつかない、普通の格好で、三味線もギターケースのようなものに入れていました。

一方、柳家はん治さんが、色柄シャツ姿で、小さめのボストンバッグを片手に入って行きました。テケツに片手を挙げて入りましたが、一般の観客のようでした。

そういえば、以前にも夫婦漫才の遊平・かほりのご両人も見かけたことがありますが、誰も気がついていませんでした。

そんなものなのでしょうね・・・。

« 50周年記念誌 | トップページ | 富士山静岡空港? »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事