« お好み寄席 | トップページ | 勤務中に »

2009年6月24日 (水)

圓楽師匠の「浜野矩随」

200906222243000 何と言っても、あの時鈴本演芸場で、トリの圓楽師匠のこの噺を聴いたことが、落研時代の"目標"みたいなものでしたから・・・。

落研50周年記念号「仙都に笑いを」で、この噺へのチャレンジについて、私は以下のように綴っています。

・・・就職も何とかなりそうだったが、落語に関しては、自らに課した目標が残っていた。

プロの真打落語家の桂文平から言われた「アマチュアなら大きな噺にチャレンジしてみろ」という言葉である。

12月に予定されている発表会で、人情噺「浜野矩随」という長講にチャレンジしてみようと決めていた。

2年生の時、休みで帰省する途中に立ち寄った鈴本演芸場で、三遊亭圓楽がトリで演った、題名も知らない噺。

いつか見つけ出して演ってみようと思っていた矢先、三遊亭圓楽のレコードが発売されて、「浜野矩随」という噺だと知った。

P1000182 (中略)昭和53年12月6日、第48回発表会で「浜野矩随」はネタおろしされた。・・・・。

改めて、最近購入したDVDを視聴すると、まだまだ欠けた部分が多くあります。

この噺は、もともと講談ネタで、圓楽師匠は、一龍斉貞鳳先生から教わったんだそうです。だから、もっと講談色を消す工夫も必要でしょう。

« お好み寄席 | トップページ | 勤務中に »

徒然」カテゴリの記事